hdd認識しない時の修復にはコツがあります|トラブル解決迅速対応

リースを使用する際の注意

IT

機密情報のリスク管理

ビジネス上で使用するパソコンはそのほとんどがリース商品です。リース会社を選択する際にリース料金などコスト面に目を向けがちですが、リースアップする際のデータ消去がしっかりと行われるリース会社を選択することが最大のリスク管理となります。会社で使用するパソコンの中に入れるデータは、個人で所有するものとは異なり機密情報がたくさんあります。中には顧客情報などが含まれている場合もあります。それをリースしたパソコンの中で一定期間使用しますが、これを返却する際には、パソコンを初期化してデータ消去を完全に行う必要があります。しかし物理的なハードディスクが残っている状態では復元されてしまうことも少なくありません。

消去方法を明示している

一番完璧なデータ消去方法はハードディスクを物理的に消滅させることですが、リース商品ではこのようなことをするわけにもいきません。そのため、リース会社ではデータ消去の方法を明示しています。専用ソフトウェアでデータを上書きしてデータを完全に復元できなくしたり、専用装置を用いて記録媒体を磁気によって利用できなくしたりするものです。しかしリースアップした商品にも価値がありますので、これを活かすために物理的な破損などは行っていないのです。どのようにハードディスク復元によるリスクを回避するのかをきちんと明示しているリース会社を利用することで見知らぬところへの情報漏えいの危険性などを防止することが可能になるのです。